読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hapicky’s snapshots

その時々の考えの断片

2016年5月3日

家族

近くに住む伯母を自宅に招くことになり、せっかくだからと従兄弟や父も呼んで食事をした。

こうやって親戚で集まるのは久々。もっとたくさんの親戚と会いたいね、という話になり早速その場で企画を始めた。

数えてみたら32名。半分でも集まれば御の字。予定は7月。楽しみになってきた。

2016年5月2日

家族

長女が朝ギリギリまで遊んでいてドタバタなので、紙に「やってほしいこと」を書いて渡したら自分からテキパキ動いてくれた。

f:id:hapicky:20160502210928j:plain

このことから色々と感じることが。

  • 口で言われただけだと問題としてイメージしにくい(言っただけでは聞かない)
  • 紙に書くと認識しやすいし、この場合重要な「順序」が伝わった
    • 自分から「じゃあ7:10までに遊ぶのやめる」と言い出した
  • 「7:30までに出発しなきゃ」という課題を「言われたからやること」ではなく、一緒の課題として共有できた
    • その証拠に自分から「朝ごはんを食べるのはここまでに」「靴下も履かなきゃ」と追加している

躾がなっていないとか言われたらその通りかもしれないけど、仕事でもよくある「自分が感じている課題を、如何にチームメンバーと共有するか」といった場面のヒントになるんじゃないかな。

仕事

「内在的責任」をググっていたら以下のページと遭遇。

「レスポンシビリティの確保は人間性善説が通用するコミュニティでないと実現されない」というような記述を見て「そうだよなぁ」と思う。「自律的なチームであるべき」とか言うだけではダメで、それを実行するチーム(人)を組織することと、それが通用する組織文化作りの両方が必要なのよね。

2016年4月26日

酒飲んじゃうとダメよね。

我が家の様子(そのまま)

Ryo Suzukiさん(@hapicky)が投稿した写真 -

家族

長女の先送り癖をどうするか

まぁピアノの宿題とかやらないんですよ。妻と5時台に起きているけど、なんやかや遊びを優先してやらない。じきに妻が出勤する時間になって「やっておいてね」と出かけ、そのまま登校時間になって結局やらないという。

あんまりガミガミ言っても、言われることが嫌な記憶になってピアノが嫌になるという構図は避けたい。だからあんまり「やれやれ」言わないでいるけど、自発性に任せるだけではやらない。

理想的には本人の「自分ごと」になればなぁと思うのだけど、小1には難しいんですかねぇ。親が一緒にやるとか、なんとか「あ、やれば楽しいんだ」と思ってもらって自分からやるように仕向けたい。もうちょっと努力かな。

仕事

労政時報のインタビューを受けた。以下の記事をご覧いただいたのがきっかけとのこと。

なんというか、前提とする労働観が違うと話が食い違いそうなトピックではある。弊社としては以下のようなスタンスなのだが、どこまで伝わったかな?

  • エンジニアのアウトプットって、かけた時間ではなくテクノロジーを活用してどれだけのことを機械にやらせるかだよね
  • 上意下達、コマンド/コントロール型のマネジメントではなくて、セルフマネジメントできる人間の集まりだよね
  • エンジニアという職種はテクノロジーを使いこなす職種。社内のルールや事情を当てはめるのではなく、社外でも通用するスキルを積んでもらわないと人材確保は難しくなるよね

なーんてインタビューを受けつつ、エンジニアが働く環境としてまだまだ改善すべきことはたくさんあるな、と思う。

その他

Rebuild: 139: Productivity Extremist (higepon)を聴く。GTDなんかもフレームワークの1つだと思う。だから「Webアプリ作る時にフレームワーク使うでしょ?」「GTDは仕事を成し遂げるためのフレームワーク。だから仕事するために利用するの、全然おかしくないよね?」「フレームワーク使う時、まずは守破離の守でしょ!」という気分。

2016年4月25日

仕事

会社で「スクラムオブスクラム」の話になって、Gunosyさんのこの記事を思い出し再読。

エンジニアも30人を超える規模になると、やはり組織としての体を整えたり、メンバーのケアをする責任者が必要。

弊社もエンジニア、デザイナー合わせて28人(自分を含む)。この必要性を実感している。というか弊社の場合エンジニアの人数よりも提供している事業の数やBtoBといったビジネス要因から、テクノロジーよりも組織の課題が重要で、自分自身そこ(組織や人)にフォーカスしてきたつもり。

9月には正式に「誰よりもコードを書くエンジニア」として松本氏がCTOに、渡邊氏はVPE(Vice President of Engineering)の立ち位置として開発本部長職に就くことで、役割を明確化し分担。

CTOとVPofEという役割分担はrebuild.fmでも話されていたような。そしてトランスリミットさんのダブルCTO体制を思い出したり。

Gunosyさんの記事に戻ると、

個人的な意見ですけど、CTOってやっぱり本質的にはギークじゃないですか。松本というCTOがより力を発揮し事業成果を最大化する方法は何か、経営層を含めて徹底的に話し合い、松本には執行役員・CTOとして事業ロードマップやテクノロジーの優位性を向上させる部分に全力を注いでもらって責任を持ってもらう。一方で私のほうは、メンバーの評価や育成、採用。制度改善やコスト設計、“人”にフォーカスした課題解決型開発組織の構築を担う。そういう体制にしました。

この技術と組織という役割分担、もっとポピュラーになったらいいなと思うんですよね。

もちろんその会社の規模や事業内容、何で競争優位性を実現しているか?などにもよるとは思いますが。

2016年4月24日

家族

五月雨におつかいを頼まれイラッとしてしまった。よくない。

趣味

和太鼓のレッスン。今月から講師の先生が変わって2回目。前の先生と同じく鼓童のご出身なのでルーツは変わらないけど、レッスンの内容や言い回しなどは当然違う。今までやってきたことは脇に置いて、しばらく守破離の守に徹したい。

その他

風呂場にiPadを持ち込んでタスク整理をやってみた。続けたいことと毎日の習慣を組み合わせるという意味で良いかもしれない。

2016年4月23日

家族

昨日妻の実家に泊まっていた娘らと昼に合流し、公園などで遊んだ。日曜は自分の用事があるし、土日の片方くらいは家族とたくさん一緒に過ごしたい。

といっても実は寝不足で本領発揮できず。仕事量減らして早めに寝よう。

趣味

音楽仲間用のLINEグループを作った。代表者がITに明るくないのでメールでやりとりしてたのだけど、情報共有やメンバーの反応見えず辛かったので「LINEかfacebookメッセンジャーのどちらか使いなさい」と進言。

なんか「代表者のITリテラシーが組織のIT活用に影響するんだな」なんて思ってしまった。

その他

Rebuild: 138: Honeymoon Phase (Dice)を聴いてiPad ProとRoost Laptop Standがほしくなった。

2016年4月19日

家族

朝の保育園預けで次女が泣き。妻に聞くと最近泣くことが多いとか。4月の環境変化、次女は大丈夫なのかと思っていたけど、そうでもない様子。あした気にかけてみよう。

仕事

自分のアウトプットが乏しいと定期的に感じる。

自分のアウトプットって何?と考えると「ビジネスを加速する製品企画/開発」「組織成果の最大化」のための意思決定や行動、となるだろうか。

と考えると、製品企画の部分にもっと力を入れるべきかもしれないな。

その他

Moto360を充電クレードルに置いたが充電されておらず。接触確認ちゃんとしなきゃ、か。うーん。